2016年12月27日

7年目に突入した「朗読・演技ワークショップ」

だいぶ過ぎてしまいましたが、今年10月で「朗読・演技ワークショップ」が7年目に入っていました。
今月で「朗読ワークショップ」も146回が終了し、来年も2月で もう150回になろうとしています。

こんなに続くとは当初は予想していませんでしたが、まさか稽古場まで持てるまでに成長するとはね〜♪

これも参加してくださる皆様のお陰です。

今年は昨年よりはこのブログも少し更新しましたが、ホント忙しくて全然書いている暇がありません・・・

来年こそはもう少し更新しようと思います(;^_^A

このブログは以前の「ラブログ」から引っ越してから どこともリンクを取ってないのでアクセスが微妙なのですが(なおしてる時間がないので・・)
読んでくださる方が一人でもいれば幸いです。

posted by visualization at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

台本の読解力とは何か?

読解力・・・

なんだかまるで読む技術があるかのような言葉ですね。

今まで長年この仕事を続けてきて、「本を読む力」というものがどういうものなのか何となく実体が見えてきました。

結局のところ・・そのような技術は存在しませんね。

登場人物が「このような事」を言っているから「これはここを指している」とかいった学校で教わったような国語的な要素は微塵も無いです。
一時台本の理解は国語力が関係しているのでは?と考え、もう一度国語を勉強し直した時期がありましたが、これは結局無意味でした・・・
人間の発言や考えは、自分を顧みれば答えは明らかです。
自分の考えや行動を正確にかつ機械的に過去からの経緯や動機を推測、または未来の考えや行動を正確に予測するのは不可能。
人間の考えることを決めつけるような、いわゆる「神様的な理解」は難しいと行きつきました。

だからといって何もしなくて良いという訳ではありません。

結局のところ、何か理解出来る便利な「法則的なもの」は何処にも存在しないというわけです。

読解する・・・すなわち「読んで理解する」という事は、理解するだけの下地が必要です。
やはり人間誰しも「知らない事」は 行うことも発言することも考えることも出来ないのです。
例えば自転車にしろ歩行にしろ、「知らないルールを守ることはできない」わけで、交通法規を知らない人が自転車で車道を走れば何かしらの事故は避けられません。歩道についても同じ事が言えます。(この問題ついては思い当たる方も多いのではないでしょうか)知らないやつが悪いという根性論では取り返しのつかない結末も生み出しかねません。そしてそのルールが仮に絶対的に罰則付きで存在するとして、そのルールを知った上で「必要」「必要じゃない」「グレーのままでよい」などの自らの意見を見出し、さらに「なぜ交通法規は必要なのか」まで踏み込んで理解したときにはじめてこの問題の全体像が見えてくるのです。知らなければ偏った情報のみに影響され、あいまいで無責任な憶測の混じったいい加減な発言を生み出す為、個人の責任のある自由な考えや発想や行いは生まれません。(上記はあくまでも「台本の読解力とは何か?」の回のための仮定のエピソードとして挿入したものですので、実際の交通法規に関しては責任は負いかねます)

台本の理解とは。
結局のところ台本を読む以前に、自分の知識と経験に下地がないと いくら読み込んでもあまり進展がなく、辞書で調べても、インターネットの不確かな情報(ネットで調べている時点で不確かかを精査する能力があるのか疑わしい)をアサっても、いくら人から助言されても、それを自分の事のように理解する事が難しいのです。
台本、脚本の場合、それを自分の事のように表現する事が前提の為、演出家等に「これこれこういう解釈で」と説明された場合、その内容に知識と経験がともなわなければ説得力のない演技になってしまう事は避けられません。どんなに表面的に理解しても、自ら表現に意味を創り出せなければ意味がありません。つまり、個人の理解は自らの意思が関係するため、理解するための有効なヒントは存在しない。
その為、かなりの覚悟を決め、時間と生活を犠牲にし、日常的な努力を行う必要がありそうです。

例えば・・・

現代社会はどのような仕組みなのか。
世界はどのような社会性で成り立っているのか。
人間社会の歴史はどのようにして発展または経験を積み重ねて来たか。
何をもってして民族性が構築されているのか
そもそも民族とは何か
民族の歴史
地球の歴史
人類の歴史
世界の歴史
日本の歴史
言語の歴史
貧富とは何か
世界の宗教
宗教の歴史
自由とは
民主主義とは何か
社会主義とは何か
ファジズムとは
帝国主義とは
独裁
共和制
戦争とは
秩序とは
犯罪の定義
独占
自分はどのような人間か
自分の歴史
家族の歴史
自分の先祖
名前の由来
自分は他人とどうかかわって生きているのか
他人は自分以外の人物とどうかかわって生きているのか
会話はどうして成立しているのか
成立していない会話とは何か
自分に出来る事
出来ない事
苦手な事
自分の癖
他人の癖
自分の性癖
他人の性癖
やりたくない事
直視出来る事
直視したくない事
直視したくない現実を認識する
人間の本能、本性とは何か
地球の構造
気象
電気
通信
等々・・・

そして経験もやはり台本を理解する要素として非常に重要で、人間の感情は知識と経験によって引き出されるため、積極的に人とかかわる必要があり、内向的なタイプや引き籠るタイプの人は台本に偏った解釈をしてしまう可能性がるので注意が必要です。またその逆に、無理やり積極的にかかわっても相手の考えや状況を全く無視して自分の考えだけを押し付けるようでは本末転倒です。学生の方は部活動やクラブ活動など集団生活に積極的に かつ建設的に人とかかわる必要があるし、すでに社会に出ている人はアルバイトや就職を、ただ与えられた事だけこなし、全てマニュアル重視思考かつ相手の心に踏み込まない流れでは やはり経験にはなりません。前述のような形で沢山の仕事を経験しても「様々な手順」を知っているにすぎません。機械的にならず、人として積極的に社会にかかわる努力が必要で、そうすることで台本の登場人物の考えが見えてくるというわけです。

全てがかかわりあって台本が成立している為、作者や演出家、作品ににかかわるすべての人々の考え方があり、解釈を決めつける事は非常に難しいのです。
「答えの明確でないことを理解する」事が重要です。知識と経験を増やし、そのうえで台本を読み、読んだその時に感じたことが正解であり同じ理解は二度と起こらないのです。
台本は常に新鮮な解釈が必要、決して一つの解釈に決めつける事は出来ないのです。つまり演技は常に新しい解釈を創造するのです。

そのため自分が得心のいく理解をするには、普段の惜しみなく「まだ知らない知識と経験」への探訪を惜しみなく続けていく事が、結局台本の理解につながっていくという当たり前の結論に達したわけです。


posted by visualization at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

見本を見せてしまう事の危険性

最近教えていて非常に問題に感じてしまうことがあります。

その場で見本を見せることに僕は全く抵抗がなく、どうしてもこうしてほしいと思ってしまうが為に、つい「こんな感じで・・」って見本を簡単に見せてしまう事が僕は当初から非常に多かったのです。(ものによっては作品全部やってしまう事もありました)

この「見本」というのは、誤解があるといけないのですが、「こういう感じで行う事も出来ます」と言った事です。

僕の方針は、今までの数十年の経験で培ってきた演技哲学的なことを教えています。つまり従来の「段取り」や「言い方」「演じ方」の方法を取らず自らの考えで自由に演じる方法です。文章で表現するのはほぼ不可能な経験的なもの。云わばプラトンやアリストテレス的な観点からのアプローチと言った方が近いです。

実際言葉だけで指導した方が良いのですが、やはり僕の指導を信じていただく為にも いわゆる求心力の関係で、「もしかして信じて無いかなぁ」といった場面でついやってしまうのです。

当初から分かってはいたのですが、結局一度見せてしまうと「考えと視覚」にすりこまれてしまい、コピーを行ってしまうのです。
これは確かに見た目はこちらの指示通りに行っているのですが、結局は自分の考えで行っているわけではないので、別の作品になると、実際は全く理解していなかったという事が露呈してしまうのです。

さらに厄介なのは、以前と似たシチュエーションが多い別の作品を行った場合です。今まで指示した場面と似た個所になると以前のパーツ的に覚えた方法をツギハギしてパッチワーク的な演技やセリフになってしまう事がわかってきました。

結局自己解決できるようにするためには、それなりに建設的な意思が必要で、やり方を習得するのみの受け身な姿勢は、見た目はとても人間的に好感度はある場合もありますが、自ら自由に考え、行う流れにはならないようです。

こうなると見本を見せてしまうのは非常に危険で、僕は演じ方や言い回しでやっているわけではないのに 結局見本を見せてしまうが為に「マネをしろ」と強制しているようなものになってしまうからです。

困った問題です・・・それでもやらないわけにはいかないわけで・・
posted by visualization at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

なかなか書けませんが・・・

しばらくぶりに書きます・・・・

忙しさがなかなか止まず、落ち着いた時間が取れません。

せっかくブログがあるのに何も書かずに置くのももったいないので少し書こうと思います。

もうすぐ本格的に教え始めてから6年経とうとしています。
最近特に感じてきたのは、どうやら人は幼少の頃からの生活環境に強く影響され、
交友関係や親兄弟、TVドラマ、ニュース情報番組など様々な事物にどのような形で触れたかはわかりませんが、その人それぞれに常識があり、その為に僕にも僕の常識があり、その自分の発言が、指導される側の人物には別の常識に置き換えられてしまうことがわかってきました。
これは非常に厄介な問題であり、全く「同じ言葉(ワード)や表現」で指導される側の人物が それまでに出会った別の人物の発言の為に、その人には既に「別の意味」が存在していて、こうしてほしい事が別の解釈を生み、それが世間では圧倒的な意味で捉えられている場合には特に伝わらないことがわかってきました。
例えばAの常識に支配されている人にBの常識を植え付けようとしてもBがあまりにも知らない常識の場合、その城壁は厚く、結局いくら言っても「言葉(ワード)や表現」が同じ為にAとしか理解してもらえない。結果「そうではなくてこういう事です」と言う事がかえって混乱をまねいてしまう。その為にはその手がかりとなる別の「似たような常識」がある必要があり、それが世間一般に存在しなかった場合、その手がかりとなる「考え方を変える」ような言葉(誰でもわかるような)がないとその突破口が開けない。

僕の教える事は特に、考え方や捉え方に関しての指導が多く、この問題で無駄に時間を消費してしまいます。
どうやら日本語の表現が英語に比べ、特に形而上学的な一般的表現が極端に少なく、「こんな感じ」と言ったものが特定しにくい事がわかってきました。どんなにいろんな面から攻めても個人的一般的な常識に縛られてしまった場合、日本語の表現力ではそれを解く方法はかなり難解です。
仮に日本語の語彙を駆使して難しい言葉を入れても、その言葉が「形而上学」のように一般的でない場合、結局伝わらない事には変わりませんから・・

この手の事を書くすぐ批判にさらされそうなのですが、全くもって難しい問題です。


posted by visualization at 03:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

10月でWSが5周年になります。

いや〜とうとう五年もたってしまいましたね。

最初はどうなるかとひやひやしながらの朗読ワークショップでしたが、一年過ぎたあたりから徐々に軌道に乗り始め、3年目あたりでかなり危ない時もありましたが、何とか5年経ちました。

当初は区の集会所から始めて、今みたいにビルの一室まで借りられるくらいになるとは考えもつかなかった・・・・

途中から演技等別のWSも始めて本業の俳優業の方もワークショップが多忙な為、スケジュールがあまり取れず俳優業の方を減らし、どうせだから今まで仕事で疑問に思っていたことや、現実的に仕事では難しかったこと、昔からやりたかった演技のアプローチ、考え方や理論的なことを、生徒に教えることにいかして、さらに自らも参加して実践するように切り替えてみたところ、なんだか衰えるどころか以前より演技が楽しく、かえって自分が新しいステージに入ったような感覚になっています。

朗読は長年仕事で苦しみながら研究してきた滑舌法や読みのアプローチ方法を生徒に教えています。
これがなかなか一般的な方法とは一線を画している為、理解していただくには非常に難儀しています・・・最近少し兆しが見えてきたような気がします。

演技についても、やはりこれも30年近く研究してきた為、まだ始めたばかりの時、僕も演劇の学校に通っておりましたが、あの時とは随分考え方が変わりました。
告白しますと、僕は20代の頃は生活に困らない程度にはお仕事をいただいておりまして、演劇学校の先生、劇団のマネージャー、劇団の関係者の方々、又お仕事の関係の制作の方々、スタッフの方々、さらには共演させていただいた多くの俳優の方々には非常にお世話になり、言葉には言い表せないくらいほど今現在でも感謝しております。ところが・・・僕と来たら・・今となっては自分に腹を立てているのですが、あの頃、僕はお芝居をあまり好きではなかったのです。俳優を始めて12〜3年くらいは正直演技があまり好きではありませんでした。ではなぜ俳優業を志したのか?それは聞かないでください・・・
ところが某劇団を退団し、一度普通に働いてみました。ですが、それまでの10数年間、(バイトをしなくなってから退団するまで10年くらいかな)の例えば「一度ミスしたらお仕舞だ」「弱気な芝居をしたら終わりだぞ」「プロとしての自覚をもて」「アンテナを常に張るんだ」「誰に見られてるかわからないんだぞ」(これはほんの一例)といった異常な程の緊張感が感じられず、生きているのが正直つらく感じることもありました。ところが何故か、もうやってもいないのに演技の事だけは普段から気にしていて、自分の行いや言動から演技に結び付ける事を常にしていたのです。退団してから二年も経たないうちに昔のように舞台の役のお話を戴いたり自らも出演の機会をいただいてようやく演技の面白さや、台本を喋ることは難しく、かつ楽しいものだという事を知り、アテレコやナレーションのお仕事を戴いて、今では全てがお仕事というより、とても社会にとって意義のある職業だと思っています。

ワークショップの方にお話を戻しますと、当初は朗読ワークショップを某団体の方とコラボレーションする予定でしたが、それが頓挫し、せっかく場所が空いているんだからと試しに始めたのがきっかけで、その後、朗読ワークショップの生徒から演技を習いたいと言われて演技ワークショップを始めて(その習いたいと言ってきた生徒は今でも足蹴く通ってきてくれています)最近ではもしかしたら世の中の芝居のアプローチが一変してしまうのではないかと大それた期待さえ感じてきました。僕は自分の生徒に自信を持っています。この期待と自信は生徒の努力があってのもの、僕一人の力ではないでしょう。

もっと書きたいところですが、僕の時間ももう使いすぎてしまったので次の機会に・・・

急いで書きましたのでチェックもできず誤字脱字はご了承ください。

河野匡泰
posted by visualization at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

BLOGのアドレスが変更になりました!

なかなか更新できず申し訳ないです・・

実は、今までお世話になっていました

「汝の隣人のブログを愛せよ | LOVELOG」(ラブログ)

というブログサイトですが、3月いっぱいで終了になり、

「Seesaa(シーサー)」

というサービスに移行するとほとんどのデータが移行できることになる為、こちらに引っ越すことになりました。

しばらくは今までの

http://blogs.dion.ne.jp/visualization/

にアクセスしても、リダイレクトという形で自動的に転送されますが、
そのうちにこのアドレスは消滅してしまいます。

もしブックマークされている方がございましたら

こちらの新規アドレス


に変更していただければ助かります。

デザインは前のサイトを引き継ごうと思いますが、
現在非常に忙しく、
時間が取れなくてリンクボタンなど修正が間に合いません・・・
徐々に修正していこうと思います。

今後とも

河野匡泰の「役者活動日記」

をよろしくお願いいたします。

河野匡泰
posted by visualization at 14:43| Comment(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

今更ですが、最近忙しすぎて・・・

今頃、あけまして...寒中お見舞い...
 
いやぁ当ブログの更新...
 
だいぶ前から余裕ができたら更新しようとしていたのですが、なかなかまとまった時間が取れず申し訳ない!!!
 
ここのところ、自分の事務所とか仕事とか授業とか、なかなかHPさえも更新できませんでしたが、今年こそは!
 
更新できるよう頑張りますので、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 
河野匡泰
posted by visualization at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

映画「渋谷ブランニューデイズ」アンコール上映

5月に公開されましたドキュメンタリー映画「渋谷ブランニューデイズ」。

ナレーションを担当させていただきました。

なんと7月に新作ビデオをプラスしてアンコール上映されることになりました。

と言っても7月3日です・・近々の告知ですいません・・

お時間がありましたら是非来てくださいね!


brandnewdays.jpg
★映画「渋谷ブランニューデイズ」★(写真は5月の上映のもの)

●公式サイトより―「やむなき事情で野宿の身となり、渋谷区役所の駐車場で寝泊りする人々。逆境の中で、互いに支えあいながら生きるささやかなコミュニティを1年半にわたって追った、夢と希望のホームレス・ムービー!」

◆劇場: 渋谷「UPLINK FACTORY」 (アップリンク・ファクトリー)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F tel.03-6825-5503
●地図 http://g.co/maps/85hz2

★映画掲載HP
『渋谷ブランニューデイズ』(UPLINKサイト内)
『渋谷ブランニューデイズ』(公式サイト)
『渋谷ブランニューデイズ』(制作VJU)

制作:VJUオフィシャルサイト

『渋谷ブランニューデイズ』(2011年製作/1時間18分)
監督:遠藤大輔
撮影:遠藤大輔・中森圭二郎・石崎俊一
助監督: 中村拓也・相川直斗
音楽:SaO
音楽監督&主題歌:中田ジェシー洋一
ナレーター:河野匡泰
製作:VJUビデオジャーナリストユニオン
映画「渋谷ブランニューデイズ」製作委員会(信木美穂・楡原民佳・山中肇・黒澤圭子・宮沢徹雄・本田孝義)

日時:7/3(火) 18:45開場/19:00開演
料金:一律¥1,200

ゲスト:稲葉剛(自立支援サポートセンター・もやい)
     遠藤大輔(監督)
     楡原民佳(聖公会野宿者支援・渋谷)


posted by visualization at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ナレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

「消防女子!!」(佐藤青南:著)のCMに出演致しました。

 

なんと!ミステリー作家「佐藤青南」さんの作品「ある少女にまつわる殺人の告白」のCMに引き続き、
最新作「消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生」のCMに出演しました!

前回はナレーションのみの出演でしたが今回は久々の顔出し出演ですよ〜♪

最近は声の露出が多かっただけに今回は新鮮な感じでのぞめました。

実はこのCMにミステリー作家「伽古屋圭市」さんの出演も!!
ミステリー好きの僕としては感動的な事態に・・・

そして音楽は前回CMに引き続き僕のブログでもおなじみの上田仁さんです。
上田さんは最近HPをリニューアルしたんですよ!http://jin-ueda.info/

っていうより発売がなんと明日の「6月8日」という事で、
僕もまだ読んでないのでどんな話か興味津々。
タイトルもさることながら表紙の絵もなかなかのもの・・

早く読みたいですよ〜!

実は先日の映画「渋谷ブランニューデイズ」にも佐藤先生と伽古屋先生、駆け付けてくれたんです!

ってわけでCMはこちら

消防女子!!CM / 佐藤青南
http://www.youtube.com/watch?v=vsMGbNhB63c&feature=youtu.be
映像編集: 有希 (BERRYDRUG)
イメージソング 上田仁 「明日天気になれ」

●作品情報はこちらです。

宝島社(公式)
消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生
http://tkj.jp/book?cd=01958801

下はアマゾン画像リンク。
 

佐藤菁南さんのブログ


posted by visualization at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

映画「渋谷ブランニューデイズ」トークショーに出演します。

渋谷「UPLINK X」にてトークショーに出演致します。

出演日は

5月1日16:20〜の回上映後に出演致します。

お時間がありましたら是非来てくださいね!

brandnewdays.jpg
★映画「渋谷ブランニューデイズ」★

●公式サイトより―「喧騒の影で人知れず続く、野宿の人々の生き抜く闘いを追ったドキュメンタリー映画・・・」

◆劇場: 渋谷「UPLINK X」 (アップリンクX)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F tel.03-6825-5503
●地図 http://g.co/maps/85hz2

★映画掲載HP
『渋谷ブランニューデイズ』(UPLINKサイト内)
『渋谷ブランニューデイズ』(公式サイト)
『渋谷ブランニューデイズ』(制作VJU)

制作:VJUオフィシャルサイト

『渋谷ブランニューデイズ』(2011年製作/1時間18分)
監督:遠藤大輔
撮影:遠藤大輔・中森圭二郎・石崎俊一
助監督: 中村拓也・相川直斗
音楽:SaO
音楽監督&主題歌:中田ジェシー洋一
ナレーター:河野匡泰
製作:VJUビデオジャーナリストユニオン
映画「渋谷ブランニューデイズ」製作委員会(信木美穂・楡原民佳・山中肇・黒澤圭子・宮沢徹雄・本田孝義)
◆期間 :4月28日(土)〜5月11日(金)※期間は延長になる場合もあります
◆時間 :12:30/16:20 の一日2回(上映後トークショーあり)
◆料金 :当日 一般¥1,500 学生¥1,300

※当日清算券を持参すれば特別鑑賞券価格の¥1,200円とお得です!
当日清算券ダウンロードページ


posted by visualization at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

映画「渋谷ブランニューデイズ」ナレーション

映画「渋谷ブランニューデイズ」というドキュメンタリー作品にナレーションを担当させていただきました〜!

今年入ってからブログの更新をストップしていまして申し訳ないです(-_-;)

ギリギリになってしまいましたが、私のナレーションの出演作品を御紹介いたします。
劇場は渋谷「東急百貨店」「Bunkamura」すぐ近くの「UPLINK」です。

★公式サイトより―「喧騒の影で人知れず続く、野宿の人々の生き抜く闘いを追ったドキュメンタリー映画・・・」★

◆劇場: 渋谷「UPLINK X」 (アップリンクX)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F tel.03-6825-5503
●地図 http://g.co/maps/85hz2

★映画掲載HP
『渋谷ブランニューデイズ』(UPLINKサイト内)
『渋谷ブランニューデイズ』(公式サイト)
『渋谷ブランニューデイズ』(制作VJU)

制作:VJUオフィシャルサイト

『渋谷ブランニューデイズ』(2011年製作/1時間18分)
監督:遠藤大輔
撮影:遠藤大輔・中森圭二郎・石崎俊一
助監督: 中村拓也・相川直斗
音楽:SaO
音楽監督&主題歌:中田ジェシー洋一
ナレーター:河野匡泰
製作:VJUビデオジャーナリストユニオン
映画「渋谷ブランニューデイズ」製作委員会(信木美穂・楡原民佳・山中肇・黒澤圭子・宮沢徹雄・本田孝義)
◆期間 :4月28日(土)〜5月11日(金)※期間は延長になる場合もあります
◆時間 :12:30/16:20 の2回(上映後トークショーあり)
◆料金 :当日 一般¥1,500 学生¥1,300

※当日清算券を持参すれば特別鑑賞券価格の¥1,200円とお得です!
当日清算券ダウンロードページ

ぜひぜひ足をお運びくださいね〜♪♪


posted by visualization at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ナレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

Happy New year!2012

あけましておめでとうございます。

昨年11月のライブよりブログ更新を御無沙汰しておりました。

ライブではオリジナルの新曲「SACRIFICE」(サクリファイス)を歌わせていただきました。
本年もさらなる展開を予定しております。今後とも河野匡泰を御贔屓に・・

又、朗読ワークショップも二年目に突入。昨年夏より演技ワークショップを開講。個人レッスンも拡大し、さらなる展開も予定しております。今年は私、WS共に飛躍の年に致します。

本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

この写真は、昨年11月25日のライブにて撮影。
河野匡泰2012年賀状
posted by visualization at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

本番まで一週間

ついにあと一週間となりました〜♪

凄い曲になって感動です!!

今回は曲の音源に参加して下さったベースの森野さんとのツーショットです!

riha.jpg
ラベル:ライブ
posted by visualization at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

久々に朗読をUP。

久々にっていうか何年ぶりになるか・・

アルセーヌ・ルパン 「奇巌城」の第五回をUPしました。

まぁ

「奇巌城」やって、イジドール・ボートルレを登場させないままにしておくのはさすがにね〜

と言う訳で久々の朗読UPです。

河野清人の思いつきボイス!(朗読版)

※知らなかった人の為に一応説明しておきますと、朗読サイトは河野清人名義でやってます。
そしてミステリーを中心に朗読しています。
posted by visualization at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ブログとHPのプロフィール写真を変更しました。

新曲のイメージに合わせての変更です。
posted by visualization at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公式HPの「RSS」アドレス変更になりました

申し訳ありません(-_-;)

河野匡泰公式HPのRSS、今まで「gooフィードメーカー」を使っていたのですが、先月末でサービス終了になったらしくアクセスできなくなってしまいました。多分メールでお知らせを戴いたんだと思うのですが気がつきませんでした・・ごめんなさい。

そこで今回は急遽別のサービスを使用してRSSを再開しました。

RSSリーダーやメールソフトに設定された方はこちらのアドレスに変更をお願いいたします。

新RSSアドレスです

河野匡泰公式HP「RSS」

新規に作ったので順不同です。このあとから順番になるはずです。

ほんとにスイマセン・・
posted by visualization at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ネットラジオに出演していま〜す!

今月お世話になります「ROAD to Red in TOKYO」
主催のサンズオアクラウド「村山タクヤ」さんパーソナリティーのネットラジオ番組に出演してま〜す!

とても爽やかな番組で、村山さんらしいな〜ってかんじです。

素敵な歌も合間に聞く事ができますよ♪

25日のライブにも触れていますのでぜひチェックしてくださいね。

11月の番組という事で、今月中は聞く事が出来ると思います。

お時間がありましたら聞いてくださいね!

★インターネットラジオステーション Boogie Woogie Cafe★
東京坊っちゃんGLOBAL

※ページに移動したらPLAYボタンをクリック!

パーソナリティー村山タクヤさんのサイト
サンズオアクラウド WEBSITE
posted by visualization at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

ライブ出演情報です。ついにオリジナル曲で挑みます!

今月ライブに出演します!

5月のライブと同じ「ROADtoRed in TOKYO」さんのステージに今回は「ゲストMC」として出演いたします。

そしてさらに!

歌手デビュー曲が!!!

前回はカバーで歌わせていただきましたが今回は持ち歌としてオリジナルの曲を披露いたします。

もちろん作詞作曲は僕ではありませんのでご心配なく・・・誰なのかは来た人には分かりますよ〜!

最近悪役づいている僕としてはピッタリの曲を作っていただきました。
っていうかとてもカッコいい曲です。

そして只今猛練習中です・・・。

曲中に♪ジャジャンッジャジャン♪ ヘイ!

って場所があるので、いらした時は一緒に拳を振り上げて「ヘイ!」って掛け声をあげてみてください!

曲名は近々ブログで発表しますので!

というわけでMCとデビュー曲ぜひ見て聞いて楽しんでくださいね♪♪

今まではこう言った場所に慣れなくて、来ていただく方に申し訳なく思っておりました・・

そこで・・

今回は「予約フォーム」を用意しましたので、こちらから予約するだけで
あとは当日受付で名前を言って戴ければ前売りで清算出来る様にしました。

こちらの方が簡単なのでぜひご利用ください・・

「河野匡泰」出演ライブチケット予約フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/50fe7058172780


2011年11月25日(金)
「ROADtoRed in TOKYO×TABLE FOR TWO Vol.22」

新宿LiveFreak
東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビルB1F

前売: 2000
当日: 2500
※入場時、別途ドリンク代(¥500)が必要

開場 17:30
開演 18:00(オープニングあり)

★出演
サンズオアクラウド
LIQUID GRAM
AzureFleur
OVER ZERO
キョロザワールド
佐々木綾美
豚骨6組レイバン先生

★MC
そめやん

★Guest MC
河野匡泰

主催「ROADtoRed in TOKYOオフィシャルサイト」(PC)
主催「ROADtoRed in TOKYOオフィシャルサイト」(携帯)

ライブハウス「新宿LiveFreakオフィシャルサイト


posted by visualization at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

上田仁さんのCMに声出演致しました。

ミュージシャン「上田仁」さんのCD「鏡花水月」に声出演致しました。

歌はもちろんのこと、和風なCMが素敵ですよ〜!

是非覗いてみてくださいね!

YouTube
上田仁 鏡花水月-CM-

上田仁 1stフルアルバム「鏡花水月」CM
ナレーション: 河野匡泰
映像編集:有希(BERRYDRUG)


posted by visualization at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ナレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

11月の「朗読・演技ワークショップ」

11月の「朗読・演技ワークショップ」参加者募集中です。

★演技ワークショップ
開催日: 11月5日・19日

★朗読ワークショップ(朗読WSは午前に個人レッスンあります。)
開催日: 11月13日・27日
です。

詳細は公式HPへ

「朗読・演技ワークショップ」公式HP
posted by visualization at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする