2005年06月28日

映画「オデッセイ」

観ごたえがありました!
良かったです。

「オデッセイ」(フランシス・F・コッポラ製作総指揮、アンドレイ・コンチャロフスキー監督)という作品。最近、ギリシャ神話を読んでいたので、レンタル屋でなにか関連した作品はないかなと覗いてみたところ、僕が勉強不足なのか、知らないコッポラの作品が出てきました。1997年の作品なのでそんなに古い作品ではないのですが、パッケージを見るとなんか かなり昔の冒険映画風の写真が・・気になって手にとって見るとどうもホメロスの「オデュッセイア」を映画化したらしいということで即決!借りました。

内容はまさに僕が読んだ「ホメロスを楽しむために」の雰囲気そのままで、よくみる古典物の映画のように、セットを見せたいのか かなりの割合でロングショットを使いまくって表情がわからないなんて事は無く、ポランスキーの「マクベス」を髣髴させるような細かい心理描写があったりと、三時間という短い時間でここまで作れるのかというほど良く出来ていました。VFX?なのかわかりませんが何十年も前の映画が、もしCG合成できていたらこんな風になっていたんだろうな・・・という感じでした。

内容的には「オデュッセイア」の叙事詩とかなり近い内容で、ダイジェスト的な感じにはなっていますが三時間で収めているだけに致し方ないと思います。でもこれを映画化するということは大変な苦労があったと思いますね。

9月にDVDが発売されるようなので特典映像が楽しみな映画ですね!

posted by visualization at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 / 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

昨日は。

まずは二つのイベントとも間に合いましたので。

最初、Chopの場所がわからなくてかなりあせったんですが、近くのレンタルショップのお兄さんが教えてくれ何とか間に合う事が出来ました。

そしてライブの方ですが、本当に良かったです。前回初めてデスメタルを聞いたときはなんかとてもショッキングでびっくりしたのですが、今回はCDも聞いたりしてたので、最初から楽しめてホントに良かったです。

所で「REEXAMINE」が運良く一番目の順番でしたので、その後のシネマキャバレーも何とか鶴岡監督の作品に間に合う事が出来ました。本当に場所が近くてよかったです。

この作品はもう多分3回ほど拝見していると思うのですが、何回観ても飽きない作品ですね!そのあとの岡本監督の作品は結構実験的な感じがしてとても楽しめました。来月のシネマキャバレーも時間があればぜひ行きたいです!

ところでライブの方ですが、最後の組まで聞きたかったのでとても残念でした。また次回のライブも行きたいな・・・。

6月25日 ライブ


 


  池袋Chopにて

 


posted by visualization at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

シネマキャバレー

本日6月25日(土)は、池袋scum2000で行われるシネマキャバレーというイベントがあります。
今回は、お世話になっております 鶴岡幸治監督 と 岡本泰之監督 の作品が上映されます!

なんとこの日は「REEXAMINE」のライブも「池袋Chop」で行われる予定です。微妙にかぶっているところもありますが場所も近いのでどちらも見ることが出来るのではないかと僕は期待しているのですが・・・その結果は次回の書き込みで明らかに・・・


シネマキャバレー

池袋scum2000

豊島区東池袋3-9-13
岩下ビル地下1階
(JR池袋駅東口下車
徒歩7分)

入場料1000円(1ドリンク付)
開映19:00(開場30分前)


posted by visualization at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

REEXAMINE

明日!友人のバンド「REEXAMINE」がライブをやります!


前回の小岩でのライブもかなり良かったので今回もひじょうに楽しみです。

これを読んだ方行ってみては!

「池袋Chop」って行った事が無いのでなんかたのしみです。

僕も行く予定なのですが、なんと。シネマキャバレー
と微妙にかぶっている! どうしよう・・・


場所
2005年6月25日(土)
池袋Chop 

東京都豊島区池袋2-46-3 シーマ100-B1


OPEN/17:30
START/18:00

ADV.:1.500YEN
DOOR:1.8
00YEN


posted by visualization at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

第6回えーぞーふぁんたじあ。

今回はいつもお世話になっております、鶴岡監督の作品を紹介させていただきます。

この作品は先月、下北沢トリウッドで上映した作品「VISITORS」というオムニバス作品の3話目にあたります。

この作品は前回女性のみの出演だったのに対し、今回は男性のみという事で、 明らかにがらっと雰囲気が違います。内容もなかなか楽しめる作品に仕上がっています。ぜひ観に来てくださいね!!

ちなみに僕も行く予定です。


第6回えーぞーふぁんたじあ

ツルウッドVol.3
「セールスマンがやって来たの巻」
2005年 鶴岡みゆき監督 15分
出演 川連廣明 林勝己 勝山大資

「DENNY BE GOOD!!!」
1999年 鶴岡幸治監督 20分
出演 鶴岡幸治 足立香苗 高橋和明  柳武志
小田万里太郎 栃本園恵 関博文 村井潤

6月26日(日)11:30上映開始

会場 下北沢トリウッド
入場料金 500円

ぜひ観に来てくださいね!
posted by visualization at 01:39| Comment(8) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

オデュッセイア。

「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の「オデュッセイア」を読み終わりました。

本当にギリシャ神話は面白いですね〜

なんか読んでいると本当にあったんじゃないかと錯覚すらしてしまいます。まあどう考えてもありえないんですけどね・・・

でも現実に、ピンチの時にアテネ女神がいつも助けてくれるなんてうらやましい限りです・・・・でもあれだけの冒険をしていたら、そのくらいの事がないと おそらく生きていないでしょう。

しかしギリシャ神話で、神の加護を受けない人はいい迷惑ですよ。神々の都合で始めた戦争に巻き込まれて運が悪ければ死んで行くだけですから、その親族もたまったもんじゃありません!

トロイヤ戦争なんて王子パリスの駆け落ちがきっかけで始まったし、しかもそれも 元はといえばゼウスの「地上の人口が多くなり過ぎてしまった」って理由で戦争を差し向け、そのために女神たちの嫉妬心を利用して戦争を長引かせたりetc・・・まあこれを書き始めるときりが無いのでやめておきます。

それにしてもオデュッセウスの妻ペネロペイアという人は良く出来た人です。二十年も夫を待っていたなんて すごい人ですよ!まったく。

著者の「阿刀田 高」さんは本当に良く調べていらっしゃいますね〜。相当わかっていないと あれだけわかりやすく書けないし、解説にもありましたけれど、これこそプロの技ですね!

次は何を読もうかな・・・
posted by visualization at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

観ました!

やっと時間が空いたので、録画した「第59回トニー賞授賞式」を観ました。とても良かったです!

最初に番組の司会(本編ではなくBS-2です。)に落語家の「立川志の輔」さんが出てきた時はびっくりしましたが、(ミュージカルが好きだと言うことでなんか以外でした・・・。)しかも映画評論家の「渡辺祥子」さんが出てきたのもびっくりしましたが、今回は特にハリウッドスターがブロードウェイに多く進出していたので、うなづける感じでした。

そして本編です。

まず司会がいきなり「ビリー・クリスタル」あれ?これアカデミー賞授賞式だっけ?と思ったら途中から「ヒュー・ジャックマン」登場。(「ヴァン・ヘルシング」の主役の人です)その後の彼のパフォーマンスがすごかった!司会の中にミュージカルの歌を折り込んでのパフォーマンス!世界的に有名な俳優や批評家などがいるプレッシャー中で良くこれだけ出来るなと脱帽です。

トニー賞の醍醐味はなんと言っても 作品を部分的に生で演じているところでしょう。オープニングの数々の作品をまとめてダイジェストにしたのもすごかったし、「ラ・カージュ・オ・フォール」のアクロバット的なところもすごかったのですが、僕は中でも「スペリング・ビー」と「ペテン師とサギ師」がとても印象に残りました。日本公演があったら観たいです。

というわけで今回もとても良い授賞式でした!!
受賞作品を知りたい方はこちらを観てください。その中の
( トニー賞授賞式 ミュージカル作品賞は“Monty Python's Spamalot”にの行をクリックすると見られます。)

なぜ日本にはこういう手の込んだ授賞式が無いのかって?答えは無理です。

というわけで今回はこれまで。
posted by visualization at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

オデュッセウス。

ようやく「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の「オデュッセイア」の中盤に入りました。

それにしてもギリシャ神話は話をひっぱりますね〜

トロイア戦争で活躍したオデュッセウスはポセイドンの怒りに触れ、なんと帰国するのに十年もかかり、その十年目の四十一日間の中にそれまでの九年間の冒険が話の中に折り込まれているという壮大?な物語なのですが、まだまだいろいろな事が起こりそうで故国のイタキ島になかなかたどり着きそうにありません・・・
posted by visualization at 02:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

トニー賞授賞式の放送が!

やっと待ちに待ったトニー賞の授賞式(録画)が、6月18日(土) 午後7:30〜10:00(BS-2)放送です。
もう明日っていうか今日になりますが、とても楽しみです!
なんと言ってもトニー賞は、作品の一部を その授賞式中に上演するというアカデミー賞とは一味違った授賞式です。
緊張感が伝わってくる感じがとてもいいですよ。
posted by visualization at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ホメロス

昨日に続きギリシャ神話の話題ですが、今読んでいる「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の前半、「イリアス」を読み終わりました。

読んでいるうちに、映画の「トロイ」(監督ウォルフガング・ペーターゼン)を思い出しました。

映画はホメロスの叙事詩とは 多少前後したり 神々のかかわりが無かったりしていますが、あの映画は良く出来ているなと今更のように思いました。

読んでいるうちになぜか頭の中で「アキレウス」が出てくるとブラッド・ピットのイメージになって、「パリス」が出てくるとオーランド・ブルーム、「プリアモス」はピーター・オトゥールになってしまうんです。今まであまり本を読んでもそんな事は無かったんですが、映画のインパクトが僕の中でかなり強かったんだなと思います。
posted by visualization at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ギリシャ神話。

僕は最近ギリシャ神話に凝っていまして、難解なギリシャ悲劇を読む前に、まず全体をおおまかにつかもうと思いまして、「ギリシャ神話を知っていますか」(阿刀田 高 著) をまず読みました。
なかなかわかりやすく、しかもとても面白くて一気に読み終わりました。かなり前に読んだ「オイディプス王」や「アンティゴネ」がとても難解だった事が嘘のようでした。

ずいぶん前に文学座の公演で「グリークス」を観た事があったのですが、もうだいぶ前なので話を忘れてしまっていましたが、この本を読んで 今度戯曲を読み直してみたいです。

ところで ひとつ分かったことは、ギリシャ神話って実は その部分的な話を読んだだけではわからないのは当たり前で、いろいろな前後のエピソードやそれまでの人間関係、その時代の常識的な考え方や神々と人間の関係がわかって初めて理解できるものなんだなと僕的に納得しました。

そして、その後「私のギリシャ神話」(阿刀田 高 著)も読み、今「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)を読んでいます。これは、盲目の吟遊詩人ホメロスの世界をわかりやすく書いた本です。今はトロイア戦争のあたりです・・・面白い!
posted by visualization at 02:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

オーリー!

先日、映画「キングダム・オブ・ヘブン」を観ました。

いつの間にかオーランド・ブルームがオーリーというニックネーム?になっていましたが、「ロード・オブ・ザ・リング」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「トロイ」と徐々に存在感や演技力が増してきて、今回は特に良かった!ストーリーもよかった!(内容はネタばれになるので・・)DVDが出たら即買いたいです。

そして僕は歴史映画が大好きです。


ちなみにセルDVDのいいところは、メイキング映像の中に、撮影風景や役者がどう思って演技をしていたかが観られるので、結構 僕は購入して研究しています。

posted by visualization at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 / 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

第59回トニー賞

残念ながら今回は日本人の受賞は無かったようです・・・残念でした。

でもトニー賞に引っかかるだけでも快挙なので今回の事は、これから日本人のアメリカでの舞台進出にはずみがついた事に間違いないと思います。

NHK-BSでの録画放送が決まっていたはずなのですが、今日調べると結構削除されているので、今回書き込みは見送ります。いつ放送するんだろう??
posted by visualization at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

トニー賞の結果は?

もう結果がわかっていると思うのですが、検索しても探し当てられず残念・・・もうしばらく待ってみます。

ノミネート作品はこちら
posted by visualization at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

2005年トニー賞授賞式 !

本日あと何時間後かに!

2005年トニー賞授賞式があります!

今年はどうなるのか楽しみです。

今年は日本人のあの演出家が手がけた作品が・・・
posted by visualization at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄関に・・・

家を出ようと下駄箱をふと見たら、青い傘が・・

実は昨日、ライブに行く途中あと50メートルくらいの所で大雨が降ってしまいました。

かなりずぶぬれになってそれでも先に進めず、ある居酒屋の裏口の軒下で雨宿りをする羽目になってしまいました。

そこにたまたま休憩かなにかで一服しに出てきた従業員さんが「ちょっと待ってて!」と傘を持ってきてくれました。「汚い傘だけど・・」と持って帰っていいと言ってくれました。そしてそのままお礼を言ってその場を去ったのです。

僕はこの傘をこの先も大事にとっておこうと思います。
posted by visualization at 01:12| Comment(3) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

今日は(3) ライブに!


20050605c6059f04.jpg前回のつづき

「REEXAMINE」はCDをリリースしました。
ちなみに僕も持ってます!!聞いてます!最高です!

posted by visualization at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は(2) ライブに!


20050605843c1bc3.jpg今日の夜は、友人のライブに行ってきました。

今日はあいにくの豪雨に見舞われましたが、後になってみると良い演出効果になっていたような気がします。中に入ってみると、そこはなにか欧米風のバーカウンター。ビール瓶をラッパ飲みしている人や、外人さんがいてちょっとしり込みしていると、心配してくれたのか友人のSekiguchiさんが声をかけてくれてひと安心。二番目の出演にもかかわらず良い人だ・・・。(Sekiguchiさんは二番目と最後七番目のダブルヘッダーだったのです。)

僕の今日の目的は「REEXAMINE」というバンドで、このブログでもHPにリンクしています。リンクを承諾してくださったのはROBINさんです。ドラムのSekiguchiiさん、実はだいぶ以前からの友人なのですが、実際聞きに行ったのは初めてでした。二番目の組が始まった時、彼がこれほど力強いドラムをたたくとは僕自身、目と耳を疑ったほどです。

ここまで書いてなんですが、実はデスメタル自体ぼくにとって始めての体験!びっくりしました。

特に驚いたのがボーカルの声。デスヴォイスという声の出し方らしいのですが、いままで聞いた事のない発声方法なので、とてもショッキングでまた新鮮に感じ、なにか僕の中に新たな常識が生まれた感じです!

いままで行ったライブはボーカルがメインだったのですが、デスメタルはすべてのポジションが主張していて、どれが欠けても成立しないという印象が強かったです。

僕はすっかり「REEXAMINE」にはまってしまったようです・・・。


posted by visualization at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は(1) 舞台に!

今日の昼は友人の出ている舞台に行ってきました。
ウッディーシアター中目黒という所で、スパイラルステアケースという団体の「Try」という作品を観てきました。
出演者はナチュラルな演技でとても好感が持てました。話の内容も飽きさせない展開であっという間に終わってしまいました。
せっかく良い舞台を観たのでさっそく友人に宣伝しちゃいました。

この舞台に出演している友人は、榊聖隆君で僕のお世話になっている鶴岡監督の作品にたびたび出演している役者さんです。同監督の「その男が俺に与える不安」という映画祭でも賞をとっている作品にも主演しています。ぼくがいま最も注目している自主映画の役者さんです。

posted by visualization at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

ライブに行って来ます!

日付が変わって今日になりますが、友人のライブに行きます。
デスメタルです!とても楽しみです!

小岩エムセブンなのですが、小岩駅は行ったことが無いので迷いそうだ・・

posted by visualization at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

ポッドキャスティング

さっきワールドビジネスサテライトを観ていたら、ポッドキャスティングという、いわゆるボイス日記の様なものがあるというこをを知りました。

そこで職業柄やってみたら面白そうだという事に決まり、さっそく登録してみました。(番組で紹介していたサイトはちょっと僕には難しそうだったので携帯から簡単に送れるということが説明に書いてあったのでそこに決めました。)

まだリンク(もうリンク集にありますよ。)したのはいいのですが、なにせさっき知ったばかりなので、これからいろいろ試してみるつもりです。
posted by visualization at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

今回は。

今週のアイシールド21は生徒役でした。
主に野球部のレフトの役でしたが、わかりましたでしょうか?
今後もご期待ください!! では。
posted by visualization at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする