2005年06月22日

オデュッセイア。

「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の「オデュッセイア」を読み終わりました。

本当にギリシャ神話は面白いですね〜

なんか読んでいると本当にあったんじゃないかと錯覚すらしてしまいます。まあどう考えてもありえないんですけどね・・・

でも現実に、ピンチの時にアテネ女神がいつも助けてくれるなんてうらやましい限りです・・・・でもあれだけの冒険をしていたら、そのくらいの事がないと おそらく生きていないでしょう。

しかしギリシャ神話で、神の加護を受けない人はいい迷惑ですよ。神々の都合で始めた戦争に巻き込まれて運が悪ければ死んで行くだけですから、その親族もたまったもんじゃありません!

トロイヤ戦争なんて王子パリスの駆け落ちがきっかけで始まったし、しかもそれも 元はといえばゼウスの「地上の人口が多くなり過ぎてしまった」って理由で戦争を差し向け、そのために女神たちの嫉妬心を利用して戦争を長引かせたりetc・・・まあこれを書き始めるときりが無いのでやめておきます。

それにしてもオデュッセウスの妻ペネロペイアという人は良く出来た人です。二十年も夫を待っていたなんて すごい人ですよ!まったく。

著者の「阿刀田 高」さんは本当に良く調べていらっしゃいますね〜。相当わかっていないと あれだけわかりやすく書けないし、解説にもありましたけれど、これこそプロの技ですね!

次は何を読もうかな・・・


posted by visualization at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。