2007年07月31日

ムシキングバトラー 力(リキ)に僕が登場!

コロコロイチバン!第15号(月刊コロコロコミック9月号増刊)

突然ですが、今月末に発売されましたこの雑誌の「ムシキングバトラー 力」の話の中に僕が!

かなり強力なキャラクターです。
そして内容は読んでのおたのしみです。

しかもフルネーム↑で登場して戴きました。

漫画家「犬木栄治」先生の粋な計らいで、ついに漫画に登場する事が実現しました!


また今回の付録は「Mr.マリック超魔術少年団入門DVD」なのですが、非常に高度なテクニックが種明かしされて、僕にはとても出来そうにないくらいすごかったです!(っていうか練習して出来るようになりたいです。)

というわけで、ぜひぜひ書店にかけつけて戴きたいです。

売り切れてたらごめんなさい・・
posted by visualization at 02:11| Comment(4) | TrackBack(1) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

朗読「ジーキル博士とハイド氏」

第二十ニ回をUPしました!



「この事件に関するヘンリー・ジーキルの委しい陳述書」4
 
ジーキル博士は、ラニョン博士邸へ行く事になった経緯を語る。

ジーキルは とうとう引き返すことのできない状況に・・・

次回最終回!


 「思いつきボイス!

http://www.voiceblog.jp/kiyo22/


posted by visualization at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

朗読「ジーキル博士とハイド氏」

第二十一回をUPしました!



「この事件に関するヘンリー・ジーキルの委しい陳述書」3
 
なんとジーキル博士は薬を使わずとも変身してしまう事態に!

彼の動揺は はかりしれない・・・


 「思いつきボイス!

http://www.voiceblog.jp/kiyo22/

posted by visualization at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

上映会のおしらせ。

いつもお世話になっています「澤木亮」監督の作品の上映会が7/13(金)にあります。

僕のPVの監修もこの方にしていただきました。

今回は10分程の作品で、当然僕も出演しています。

この上映会は「上映集団ハイロ」という団体の企画で、1970年からの長い実績を持つ個人映画の支援団体です。また様々な作品が上映されるので非常に楽しみです。

時間がPM10時〜AM4時までのオールナイトですので 行かれる方は交通機関に注意が必要です。

お時間に余裕がありましたらぜひ観に来てくださいね!
-----------------------------------------------------
7/13(金)夜10時〜朝4時迄オールナイト

上映集団ハイロ
http://www.hairo.org/

LIVE HOUSE SHIBUYA アピア(上映場所)
http://apia-net.com/index.html

料金:入場1500円+ドリンク(500円位)
posted by visualization at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

朗読「ジーキル博士とハイド氏」

第二十回をUPしました!


「この事件に関するヘンリー・ジーキルの委しい陳述書」2
 
ジーキル博士の発明した薬。それは自らを実験台にすることによって
実証された!

彼はなぜこのような薬を発明したのか・・・


  「思いつきボイス!

http://www.voiceblog.jp/kiyo22/

posted by visualization at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

第14回「東京国際ブックフェア」

今週木曜〜開催されています「東京国際ブックフェア」の「潟{イジャー」さんの出展ブースに、先日お伝えしました「蔵書6300」青空文庫10歳記念DVD-ROMを販売しているのを「潟{イジャー」さんのHPで発見しました。

昨日のWBS(ワールドビジネスサテライト)で特集があり、海外からの出展も多く世界でも注目のブックフェアのようです。

かなりの数の出展があるので一日では回りきれない感じですよ。

第14回「東京国際ブックフェア」

http://www.reedexpo.co.jp/tibf/
posted by visualization at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 / お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする