2009年10月12日

映画 「COCO AVANT CHANEL」

ここまで壮絶な人生とは・・

この作品は、その題名からして彼女の伝記映画ですが、全体を通して「ガブリエル・シャネル」(ココ・シャネル)という人物に、ものすごいパワーを感じます。

主演のオドレイ・トトゥの演技も、自然な中に内に秘めた迫力を感じました。やはり彼女は只者ではない・・・

ちょうどタイタニック号の頃の話でしたが、彼女のデザインが、あの時代の服装から現代的な服に切り替わるきっかけの一つになった事は間違いなさそうです。

そして、身分や階級などの障害を乗り越えるのは非常に困難な時代だという事をあらためて感じ、この映画を見た事で自分に活を入れるいい機会になりました。

出来れば続編を作ってほしいな〜


映画「ココ・アヴァン・シャネル」

http://wwws.warnerbros.co.jp/cocoavantchanel/



そういえば、予告でやってた「マイケル・ジャクソン THIS IS IT 」(2週間限定公開)が ものすごく気になる・・


posted by visualization at 00:10| Comment(8) | TrackBack(1) | 映画 / 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。