2005年01月31日

今日は撮影&上映会

今日は朝から天気がよく絶好のロケ日和でした。
結構寒かったけど撮影の進行もよく身の詰まった撮影でした。あと残すところ撮影が一日程度まで来ました!ちょっと寂しいけど出来上がりが楽しみです。

そのあと「VISITORS」(鶴岡みゆき監督)の上映です。僕の尊敬するスダ氏が観に来てくださいました。これはすごい事です!なかなか業界の方が見に来てくださる事はスケジュール的に難しいのでとてもラッキーな事です。
今日の上映作品についてですが、全部で8人の監督さんが参加されていました。それぞれ個性あふれる作品で面白かったです。かなりの立ち見の方がいましたので大盛況でした。ところで問題の僕の出演作品です!僕としては自分の演技はかなり物足りませんでした。自分の悪い癖が出ていたので、監督には申し訳ないと思いますが、ここは前向きに次回の課題として考える事にしました。自分の演技を見て感じたのですが、思った通り演技の手法がやはり僕は舞台演劇的でまわりの役者さんから浮いているなと感じました。でも決定的な違いが何なのか、はっきりした事が僕にはわかりません。これは役者としては問題なので、やはりビデオに落としてもらってよく見るしかなさそうです。もしこの作品を観てくださった方がいましたらコメントをお願いいたします!

ところで次回の上映作品ですが、ザムザ阿佐ヶ谷という劇場で2/19〜20日に上映します。

2/19日13:00、15:50、18:40
2/20日13:00、15:50、17:25

「BASILISK」(長谷川亮 監督) です。

今回はブログにも写真を載せたいので許可をお願いしたいと思っています。
今日はこれくらいで。


posted by visualization at 02:15| Comment(10) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども、一応昴の先輩の林です(笑)
そうかな〜、舞台的には見えなかったけどな〜。
浮いてるとも思いませんでしたよ。
相手役との兼ね合いもあると思うのですよ。
もし河野君が1話か3話に出てたらまた違う見方になってるんじゃないかな。
まあ、俺もそんな偉そうなこと言えるレベルでもないんだけどね(笑)
19,20日って思いっきり仕事かぶってるな・・・
行けるようなら観にいかせてもらいますね。
Posted by 林勝己 at 2005年02月02日 23:08
かつみさん!コメントありがとうございます!

かつみさんにそう言っていただくとなんかほっとします。鶴岡監督に出演させていただいたのも、今までのやってきたものをぶち壊したいなと思ったのが始まりで、今回は良い経験になりました。

いつか、かつみさんと共演したいです!

ところで今日の演出のは方いかがでしたか?

19、20日は残念ですが、今後、僕の出演作の上映が続くと思うのでまたの機会に!

Posted by 管理者 at 2005年02月03日 00:29
こんにちは。
僕が何かと中途半端だったということではないかと思っております。
上映中、(遅刻して来ておきながら)自分で観ていられないくらいでした。
なんか、もう、色々申し訳ないです。

……というかムラタって、いつもああいう中途半端な感じだったような気もします。
なんか救われない感じです。
Posted by ムラタ@コウノトリ at 2005年02月03日 01:01
おっとムラタさん!とうも!

「VISITORS」の編集であの撮影が嘘のようにうまく仕上がっていたじゃないですか!鶴岡監督に感謝しなさいね!

ところで最近はブログにかかりっきりでミクシィはチェックしているだけになって申し訳ない感じですが、そのうちにそちらにも書き込みを入れるようにします。(ミクシィの写真。前よりいいと思いますよ。)

Posted by 管理者 at 2005年02月03日 01:29
何をおっしゃいます

今回の作品は半分くらいが
舞台を中心に活動している役者さん

なぜそういうキャスティングをしたかといえば
おいらは舞台をやりたかったです
舞台の映像化です
ゆえに舞台的な演技は大歓迎です

こんな不条理で非現実的な映画に
リアルな演技なんて求めませんよ
ずばりおいらの狙い通りです

特に4話は他の話と毛色が違い
いい話?みたいな感じがしますが
よくよく考えればばかげた話です
そんなばかげたものを受け入れてしまう
夫婦は馬鹿で
とくに結局奥さんの言いなりな旦那は
お馬鹿でお人よしなわけですよ

そこら辺を河野さんはうまく
素朴に演じていると思いますね
おいらの演出は計算どおりだったと
自負しています
Posted by CUT鶴岡 at 2005年02月03日 05:16
鬼は〜そと!
先日はお疲れさまでした♪
撮影の時にも思いましたが河野さんの声はとても優しいですね。あったかく、程よく弱々しく(笑)
ゆうこちゃんととってもお似合いのほんわか夫婦でした。「正弘さん」キャラでイメージが刷り込まれてしまっているので今後どんな役を演じるのか楽しみです(^^)
Posted by cut:水橋 at 2005年02月03日 22:39
鶴岡監督。書き込みありがとうございます!
大変お世話になりました。

今まで僕が経験して来たものとはまったく違ったジャンルの作品で正直僕はどう演技をしたら良いのか正直結構戸惑っていました。たぶん上映を観た時に想像もしなかった自分の演技に、かなり焦ったんだと思います。観ている時、冷や汗が出たくらいです。でも今の監督の言葉にだいぶ助けられました。
鶴岡監督に出演をさせていただきたいと去年お願いしたのは、監督の作品(CMです。)を送っていただいた時、自分に足りないものがすべて入っていたからです。正直言ってかなりショックを感じました。
これは役者として演技の幅がかなり広がるに違いないと。でも今までのやりかたに、かなりの方向転換を迫られる事になるだろうとも思いました。
実際、撮影では感じなかったと思いますが、かなり焦っていました。でもとても楽しく撮影を過ごす事が出来たのは確かです。
またイメージに合った役がありましたらぜひ使ってください!では。
Posted by 管理者 at 2005年02月04日 01:56
どうも、ちかりんさん!

そういえば節分だったんですね!僕も豆まきしちゃいましたよ。

ちかりんさんには、撮影の時からだいぶお世話になりました。
ところで声が優しいなんて言われた事がなかったのでとてもうれしいです。今まであまり優しい感じの役を実はやってこなかったので、優しい役にちょっと自信がわいてきたかも!?

今月上映があるので、お時間がありましたら観に来てください。
Posted by 管理者 at 2005年02月04日 02:07
河野さん
どうも!あそびにきましたよ〜
遅くなりましたが、4話の河野さん、私は見てて素直にいいなーと思いました。とても自然に見えました。こちらは、どうも、不器用ですいません。。

そうだ、思い出しましたが、現場で当日鶴岡君とチカりんで作った、超難解東北系?方言セリフをひたすら猛特訓中のコウノトリさんを、皆が放置プレイの中、河野さんだけが、相手役になったりして「がんばって覚えよう、出来るよ」と励ましていましたね。

こっちのほうがいい話です(笑)
ではまた!
Posted by たー at 2005年02月06日 15:28
たーさん!上映会お疲れ様でした。

コメントありがとうございます。そう言ってもらえるとほっとします。僕はゆうこちゃん役の演技が話の雰囲気にぴったりあっていたと思います。

ところで、むらたさんの芝居が撮影の時と仕上がりがぜんぜん違っていた事に僕はホントに驚きました。上映を観てもっとコウノトリさんとのかかわり方をもうちょっと変えればよかったなといまさら思ってます。

ではでは。
Posted by 管理者 at 2005年02月07日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。