2005年09月16日

東京大津波

ちょっと最近気になって本屋さんで購入したのですが、やっと今日読みました。

内容が現代のせいかそんなに時間もかけずに読んでしまいましたが、サブタイトルが「東海・南海連鎖地震、ついに発生す!」でまさにその通りで、すさまじい内容でした。

スマトラ地震からすぐに書いたらしく、かなりその出来事を意識した内容で、関東、東海阪神、四国地方に巨大大津波が襲うという筋なのですが、結構僕的にはひとごとじゃないなって思い地震対策や非難グッズをそろえようと真剣に考えました。

現実にはこの話よりもっと大変な事になるだろうな・・・たとえば海に近い工業地帯やコンビナートや発電所に津波なんかが来たら爆発する事もあるんじゃないかな。タンカーとかが衝突したり汐留やお台場のビルあたりに座礁したら・・・なんて怖いな・・専門的な知識は無いんだけどそうぞうしないほうがよさそうだ。本の中では地下鉄がかなりやばそうな事が書いてあった。

これ以上は書くと内容がわかってしまうのでやめておきます。読んでみては!

「東京大津波 東海・南海連鎖地震、ついに発生す!」柘植 久慶 著 



posted by visualization at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。