2005年11月01日

マリア・テレジアとマリー・アントワネット展。

見て来ましたよ!

ハプスブルグ家の貴重な品々が展示してあり、さらにNHKの作成した資料映像も見られて、とても勉強になりました。

あまり詳しくないので多くは語れませんが、マリア・テレジアのと言う人はかなり苦労した人らしいです。

今後、マリア・テレジア事について、いろいろ本を読んでみようと思います。
mariateresia


posted by visualization at 21:49| Comment(10) | 美術館 / 展覧会 / イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!!
最近、お疲れモードでサボリ気味です。
マリア・テレジアの小説はいくつか読んだことがありますけれど、実際のマリア・テレジアはそんなに詳しくないです。
良きママだったみたいですけれど。
(夫がフランツだったかな? 小説で読んだときは、結構好きな感じでした)
マリア・テレジアは教育ママだったみたいですけれど、アントワネットに関してはダメだったみたいですね。
末っ子だったからでしょうか。
n(v_v) う〜ん。。。
(やっぱ、アントワネットが甘え上手で人を指に巻く性格だったことが原因かもしれない)
私も、機会があったら、マリア・テレジアについて勉強してみたいです。
Posted by 木々野みどり at 2005年11月01日 22:08
お久しぶりです。
なかなかこんな時間に帰ってこれないのですが、
今日は何とか帰宅しました。
東京はいろんな美術館や企画展があっていいですよね。
仙台は住みやすいけど、文化の刺激は少ないですね。
Posted by nikubanare at 2005年11月02日 22:00
マリーアントワネットのコミックを想い出しました。
確かハプスブルグ家は由緒あったけど、アントワネットの頃は少し
陰りが出始めて、それでアントワネットに期待したのではなかったでしょうか?
間違っていたらごめんなさい(>_<)
Posted by 真裕実 at 2005年11月02日 23:41
そうですよ、真裕実さん!!
(って私が言うのもなんですが……)
トワネットに期待したのです!!
それで、フランスに嫁ぐことになった……んだったと思います。
(うろ覚え)
どっかの川を渡る時に、服を着替えたんでしたよね?
(高校の時、世界史の授業でやったような)
期待されていたトワネットは、フランス語をうまく操れないし……。
ちょっと自覚が足りなかったんですよね。
でも、私がトワネット(アントワネット)だったら……。
ちょっと辛いかも。
確か、身の回りの人たちもその川で別れて、殆ど一人でフランスに嫁いだんだったような気がします。
(う、うろ覚え!!)
言葉もよくわからず、まだ少女で、習慣とかも文化とかも違うし。
(そりゃぁ、勉強をもっとちゃんとしていれば良かったのかもしれないけれど)
横レス失礼しました。
Posted by みどり at 2005年11月03日 00:24
みどりさん、お詳しいです。勉強になりました。
この展示会どちらだったかしら?観に行きたくなりました§^。^§

kiyoさん、「映画芸術」本日立ち読み(すみません・・・)しました。
面白そうな内容ですね。もう上映はないんでしたでしょうか???
Posted by 真裕実 at 2005年11月03日 23:59
こんにちは(^o^)丿

そんな素敵な催しが……
見てみたいです。目の保養ですねー。
エリザベートとルードヴィッヒU世あたりもやってもらえたら嬉しいんですが(時代も場所も違いますね^_^;)……でも、東京は遠い(T_T)
Posted by bow_n at 2005年11月04日 17:16
木々野みどり さんへ

この展示会にマリーアントワネットの帆船の形のカツラが展示してありました(結構重そうなカツラでしたが・・・)。アントワネットはファッションにかなり力を入れていたようで、その奔放さに母親はかなり心配していたようです。その後の死刑判決を受けるまでの資料は、さすがにあまりありませんでしたが・・・


nikubanare さんへ

お仕事ホント大変そうですね〜

仙台には展示会じゃないですけど「モータウン・カフェ」があるって聞いたので、いつか行ってみたいです!(東京にはないんですよ・・横浜のはCLOSEしてしまいました・・)


Posted by 管理者 at 2005年11月04日 22:23
 真裕実 さんへ

もう展示会終わっちゃったんですよ〜
つぎは来年3月に「そごう千葉店」らしいです。
http://www.nhk-sc.or.jp/event/marie/

「映画芸術」みていただいてありがとうございます!
今後の「VISITORS」の上映は僕の知っている範囲で予定はないのですが、雑誌に載ったくらいなのでもしかしたら近いうちに上映があるかもしれませんね。

bow_n さんへ

今までヨーロッパ物の展示会にあまり行く機会がなかったのですが文化の違いが実感できるのでとても良いですね。
エリザベートとかも、そのうちにやりそうですね。
Posted by 管理者 at 2005年11月04日 23:04
あぁ、エリザベートのお名前が……。
♪おまえの命奪うかわりに〜
 生きたおまえに愛されたいんだ〜

あぁ、エリザベート!!
明日、ビデオ見よう!!
以前、名古屋でエリザベート展があったと思います。

頭の上に船。テレビで見たことがあります。
たしか、「所さん・おすぎのトホホ人物伝」で。
私、そういう歴史関係のテレビ、好きです。
アントワネットはファッションリーダーだったみたいです。
彼女がやることは流行るみたいで。あと、なんだったっけ??
ハンカチを四角にしたのは……アントワネットだったんじゃなかったかな?

アントワネットって、食べるものがなければケーキ(おかしだったかな?)を食べれば良い、って言ったりしたんですよ。
子供のまま大きくなって、結局最後まで、世間が見えなかったんだと思います。
無垢なまま。お姫さまのまま。
逃亡中も、途中で休憩したりしていたみたいだし。
恋人のフェルゼンもアントワネットのために凄いお金を使って、結局、同郷の人に殺されてしまいます。
……アントワネットの悪気ない世間知らずって凄い。私は嫌いじゃないけれど。
Posted by みどり(管理人) at 2005年11月05日 00:47
みどり(管理人) さんへ

やっぱりエリザベート展ありましたか!
こっちで開催する時は絶対観に行きたいですよ!

アントワネットですが、国家予算を使ってあそこまで好き勝手に出来るのはただものではないですね〜
ある意味、見習いたい感じもあります。
Posted by 管理者 at 2005年11月06日 03:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。