2007年04月20日

夢野久作 「木魂」

幻の探偵雑誌 1「ぷろふいる」傑作選 (ミステリー文学資料館・編)

第三回

「木魂」(すだま) 作:夢野久作


「夢野久作」の作品はタイトルが怖いので あまり手をつけなかったのですが、読んでみるととても感動的な作品だったので、他の作品も読んでみたくなりました。

最初は映画の「ビューティフル・マインド」を思い起こさせましたが、全くそんな事はなく、また思いつめた男が自暴自棄になって何か犯罪でも犯すのかとおもって読み進んでいましたが、この男の悲惨な過去にとても胸が苦しくなりました。

そして結末がなんとも悲しく、37ページ程しかありませんが、つい涙してしまいました・・


posted by visualization at 01:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 / 幻の探偵雑誌 ぷろふいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

仕事将来
Excerpt: 仕事将来についての情報です
Weblog: 仕事将来案内
Tracked: 2007-04-20 17:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。