2007年04月28日

木々高太郎 「就眠儀式」

幻の探偵雑誌 1「ぷろふいる」傑作選 (ミステリー文学資料館・編)

第十一回

「就眠儀式」 作:木々高太郎


今回がこの本の最終話です。

なんとこの方は第四回の直木賞作家だそうです。
第一回の「甲賀三郎」氏と探偵小説芸術論で論争があったそうで、最初と最後に載せるとは心憎い演出ですね〜

「就眠儀式」と言うのは、ひどい不眠症に悩まされている神経症の患者さんが、寝る前に気になってしまう(例えば時計の音など)事を整理して 安眠できるようにする行為(儀式)だそうです。

現代の小説の感じに非常に近い文章なので、読みやすかったです。

内容です。「立田」という大学生が、不眠症患者の相談に「大心地」という医大の先生の所へ相談に行く。その患者をめぐって医大の先生が、病気と事件の両面から推理をしていくと言う話です。

僕は当然、医学については全くの素人ですが、医者としての見解が、かなり「リアル」な感じがしていました。
そこで著者の詳細を見てみると当然で、慶応大学医学部出身、この作品を書いた11年後には教授だったそうです。また医学部在学中から小説を発表していたそうです。

非常に面白かったので、「人生の阿呆」(第四回 直木賞)も読んでみたくなりました。

※補足
僕が知らなかったのはお恥ずかしい限りです。
かなり有名な方でした・・・調べてみるとものすごい方でした。「推理小説」という名前の生みの親でもある方で、その他数々の偉業があります。
そして僕の身近な所にもありました。そう、僕の食べた覚えのあるあの「頭脳パン」の生みの親でもあるそうです。



posted by visualization at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 幻の探偵雑誌 ぷろふいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。