2007年05月01日

朗読「ジーキル博士とハイド氏」

第七回 「ジーキル博士は全く安らかであった」
 
ジーキル博士に会うことの出来なかったアッタスンだったが、
二週間後・・博士から晩餐会に招待された。
そこでハイド氏の話をしようとするが・・

いよいよジーキル博士 登場!


  「思いつきボイス!

http://www.voiceblog.jp/kiyo22/



posted by visualization at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。