2007年06月09日

J-P・サルトル 「恭しき娼婦」

ジャン=ポール・サルトル (Jean-Paul Sartre)

「恭しき娼婦」(La putain respectueuse)  芥川比呂志 訳 

     サルトル全集8 劇作集 「恭しき娼婦」 人文書院
     
  
この作品 あまりにもつらい話でした。

--------------------------------------

アメリカ南部のある町のある部屋で、リッジーという女性が掃除機をかけている。

彼女は一昨日ニューヨークからこの街に来たばかりだ。

そこへある黒人が尋ね、助けを求める。

話を聞くと どうやらリッジーが汽車で遭遇した出来事の真実を証言して欲しいと嘆願しているのだ。

拘りたくないと その場を追い払うと、彼女の部屋の中から男がやってくる。彼女はその男の素性を知らないらしいが昨夜 床を共にしたらしい・・金のやり取りから彼女は娼婦である事がわかる。だがここでは売春は違法である。

暫くすると タイミングよく警官が尋ね、売春をネタに彼女は逮捕されるが、実は男と警官は・・・

--------------------------------------

という感じの始まりですが、アメリカ南部の黒人差別の深刻さを描いた、上下段ありの30ページ程の短編ではありながら、非常に内容の濃い作品でした。

実際僕は、映画や本でしかこの問題を知らないので意見を言えるような立場ではないですが、いつもこの問題を扱った作品は、自分の心の中へ、とてつもない問題意識が強烈に問いかけてきます。

そしていつも考える事が、こんな事が本当にあったのだろうか!自分が目の当たりにしていないだけなのかって・・

人種差別にかかわらず、もともと強者の論理に弱者は従わざるを得ないことが大半だ。反発すれば余計な批判を浴びて、時には威圧的に 時には尤もらしい理由を手土産に、白も黒に塗り替えさせられる事なんて 有史以前から現在に至るまで 身近な所でも日常的にずっと繰り返されている。

優位な立場を維持し続ける事は不可能だし、完璧な事や絶対的な正義なんて 本当はあるはずないのに・・・

なんて・・また今回も重い内容になってしまいましたが、サルトルを読むたび、常に自らの行いに問いかけ、また社会に対しての問題意識を持たされます。
普段の心得として 何事にも常にそれは本当に正しいのか?”っていう意識をもつ上でも、擬似的な教訓としても、サルトルの作品は、一生に一度は読んでもよいのではないかと思います。(のめりこんで行き過ぎない程度に・・)
posted by visualization at 06:57| Comment(2) | TrackBack(2) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

J-P・サルトル 「蝿」

ジャン=ポール・サルトル (Jean-Paul Sartre)

「蝿」(Les Mouches)  加藤道夫 訳 

     サルトル全集8 劇作集 「恭しき娼婦」 人文書院
     
   
以前舞台で「オレステイア」のオレステスを演じさせていただいた時、どの文献か覚えていないのですが、この作品の事が触れてあり、存在を知りながら今回初めて読みました。

アイスキュロスの「オレステイア三部作」の二つ目 「供養する女たち」のサルトル版ですが、オレスト(オレステス)が罪を犯してからが 原作と かなり流れが変わり、サルトル独自の展開に進みます。

題名に惑わされましたが、「蝿」は「エリニュス」の事だったとは驚きました。

やはり前回の「嘔吐」にもつながる思想的な面が強く感じられましたが、ギリシア悲劇のテイストそのままに表現されていました。

ギリシア神話は、神が絶対的な立場でありながら、気まぐれで、苦悩もする人間的な面もあり、神の世界と人間の世界がとても近い存在で、神に対して親近感を覚えさせる所が僕はとても面白いんです。

------------------------

オレストは教僕と一緒に故郷「アルゴス」へ帰った。そこでジュピテル(ゼウス)に出会い、母クリテムネストルがエジスト(アイギストス)と共謀して父アガメムノン王を暗殺したと言う事を知らされる。その後 姉エレクトル(エレクトラ)にフイレエブという偽名を名乗り彼女の厳しい近況を聞き、直後に母とも逢ってしまう。

舞台は移り、エレクトルの振る舞いに怒るエジスト。
またアトレウス家(アガメムノンの家系)への憎しみをエジストは語る・・

再びエレクトルの許へ現れたオレストは自分がフイレエブではなく、弟である事を告白。エジストと母の二人を殺害することを誓う・・・

--------------------------

こういう感じの始まりですが、微妙に違えど確かに「オレステイア」です。コロス的な存在はジュピテルが担っている感じです。

「オレステイア」は「ハムレット」にかなり近い雰囲気の話ですが、オレステスはハムレットのように狂気を演じたり、間接的にじわじわと 王と王妃を追い詰めるといったことはせず、かなり直接的な行動をとっていくタイプです。

僕は舞台の時からオレスト(オレステス)の真直ぐで純粋な性格が気に入っていて、この作品はさらに強調されていて嬉しかったです。自ら進んで他人の悔恨のすべてを引き受けて「後悔の盗人」という名前を受け入れようなんてすごい事を言う人です。とても懐かしくて読んでる間中 鳥肌が立っていました・・いつかまた挑戦してみたいと思っているから・・


この話はオレステイアに比べて エジストに後悔の念を抱かせるような くだりも多くあり、救いがあります。実際彼は、アトレウス家に対して 親の代より恨みの念をもっていて、アトレウス家自体も先祖のタンタロスからの残忍な悪事が代々続いていて、恨まれても仕方が無い程の家系でしたから。

後半に入ってエジストとジュピテルの会話がまさにサルトルの思いが感じられました。特に自由についての論議が展開されている所が印象的で、「人間の魂の中で一度でも自由が爆発してしまったら、もう神々はその男に対して何をすることもできないのだ。」というセリフが今でも頭から離れません・・・ここから さらに飛躍して考えてしまうと、今の管理社会は 人間が そのほうが都合がいいから作ったもので、実際は自分が実は何をしても自由だった”という考えが大多数の人々に起こったとき きっと恐ろしい事になるだろうと思う・・・まあ事実管理されているのは人間と一部の生き物などで、野生の動植物、鳥類、魚類などには 縄張りはあっても 広義の国境や税金は無いですから、考え方次第では常に恐ろしい結末も用意されているわけです・・・合理化がさらに進んで仕事にあぶれる人々が増え、それをまかなえるだけの新産業が発見できず、やりがいのある仕事を” などと考える余裕が無くなった時、現在の地位を維持する為に世襲社会が後ろから追い討ちをかけてきて とどめを刺そうとしたとき、もともと代々受け継がれてきた地位の無い人々は食うに食われず追い詰められて、こういう考えを起こす時代がやってくるかもしれません・・なんて僕は破滅思考ではありませんが。


この作品のラストは非常に劇的で背筋がゾクっとする終わり方です。ぜひ読んでみてこの感覚を味わっていただきたいですね。
posted by visualization at 12:18| Comment(0) | TrackBack(4) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

J-P・サルトル 「嘔吐」

ジャン=ポール・サルトル (Jean-Paul Sartre)

「嘔吐」(La Nausée)  白井浩司 訳 
            1994改訳新装版 人文書院
     
   
実は僕が役者を始めた頃 人知れず夢中になって読んでいた本に「アルトナの幽閉者」というサルトルの戯曲があり、最近ふと思い出して小説も読んでみたくなり「嘔吐」(あとがきから察すると、はきけ と読むと思う・・)を読みました。

この方は哲学者でもあり「実存主義」的な思想を唱えているというのですが、この言葉の響き、なにやら難しい感じがしてきますね〜

僕は哲学や思想といったことに あまり詳しくはありませんが、こういった本は 読み方によって様々な解釈があり、逆に手引書を読んでしまうと決まった考え方(その手引書なりの答えが)インプットされてしまうので、素直に小説として僕は読むことにしています。

実際一週間ぐらい、言葉は易しいのですが 流れがつかめず60ページほどしか読めなかったのですが、この「読み方」が間違っていました・・この本は全部を続けて読まないと繋がってこない事に気付き 一気に最後まで読むと、いままで僕の中で曖昧にして 考えようとしてこなかった問題が一気に噴出してきて、それまで引っかかっていた一つ一つの言葉が後から後から追いかけてくるように蘇えってきました。こんな感覚になった小説は いままでありませんでした。

おそらくこれを読んだ人たちは、それまでの培ってきた人生経験や生活環境によって様々なとらえかたをするのではないかと思います。実際僕もこれを二十歳前後に読んだらまったく違った理解をしていただろうし、今後十年、二十年後に読んでも全くちがう理解をするだろうと思います。


主人公「アントワーヌ・ロカンタン」は十八世紀に活躍した「ド・ロルボン公爵」についての史的研究の本を書く為にブーヴィルに滞在していた・・

毎日足を運んでいた現地の図書館で、ある独学者と知り合う。

土曜日の午後。ブーヴィル美術館での肖像画群での考えか、それまでの積み重ねてきた妄想からか「事物」「実存」に対しての妄想が増大し、ついに「ド・ロルボン氏」についての研究自体も中止する結論にまで達してしまった・・・


実際あらすじに しにくい作品です。
「事物」「実存」に関しては難しそうですが、読んでいただければ かなり納得できる翻訳です。

その後の独学者との口論もすごかった・・

とにかく初見だけではだめですね・・何度も読み返して行こうと思いますが、とりあえず現時点での感想です。

文章だけを見ると「ロカンタン」は物に対して「吐気」をもよおしているように感じますが、彼は「事物」「実存」や何もかもが「吐気」の対象で、その感覚・妄想が 木の根のように脳から体の全体まで張り巡らしていて、それを取り除こうとしてもどうにもならず、それを消す為に「ド・ロルボン」の研究をしていたけれども結局 彼を実存させる為に自分があり、自分を実存させる為に「ド・ロルボン」がある事がわかり結果 彼も妄想を消す材料にはなり得なかった事が研究中止に至った のではないかと僕は感じましたが・・難しい・・

特にブーヴィル美術館で、彼の絵に対する印象を表した「心の中」の言葉が非常にリアルで、読んでいる僕自身の考えが そうであるかのような感覚にさえなってきました。
また途中から入ってきた 紳士と婦人の言葉も非常に重みを感じました。

そしてついに自分の事を唯一理解してくれていた元彼女「アニー」との再会。ロカンタンの妄想を排除してくれる最後のチャンスだったかもしれなかったのに彼女は別の男と去ってしまう・・
アニーは舞台「ブリタニキュス」(作:ジャン・ラシーヌ)での失敗から女優を諦め、自分の原点に立ち返るために彼と話をしたかったようにも思いました。

最後の「独学者」の起こした事件ですが、犯罪はロカンタンにとって特別な事ではなく、誰にでも起こりうる出来事に感じ、受け入れたのでしょうか・・

随所々にサブリミナル効果のようにキーワードが隠されていて、後になって気付いた事が沢山ありました。

中には多くの 心に残るような名言があり、今後も読み返して記憶にとどめておきたいと思います。


現在の環境問題と繋がってものすごく気になった文章に・・

「もしもなにかが起こったならば。もしも急に自然がぴくぴくと動きだしたならば。そのとき奴らは自然がそこにいることに気がつくだろう。心臓が破れそうに思われるだろう。そのとき、堤防とか、城塞とか、発電所とか、溶鉱炉とか、ドロップハンマーとかがなんの役に立つだろうか。それはいつでも、いますぐにでも起こりかねない。前兆がそこにあるから。」
(本文より引用)

※あくまでも素人感想ですのであしからず。
posted by visualization at 22:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

朗読「ジーキル博士とハイド氏」について。

実は今回この朗読の為に、

岩波文庫「ジーキル博士とハイド氏」 訳:海保眞夫
角川文庫「ジーキル博士とハイド氏」 訳:大谷利彦
新潮文庫「ジーキル博士とハイド氏」 訳:田中西二郎
新潮文庫「ジーキル博士とハイド氏」 訳:佐々木直次郎(1950年発行)

を参考にしました。

今回は新しい試みで、あくまで自分の理解の為ですが、"読み比べて理解する”という形で進めることにしました。(当然朗読は原本のままですよ。)

なんと全く知らなかったのですが、
新潮文庫の「佐々木直次郎:訳」は入手したのが「初版」(1950年)だったのですが、「青空文庫」さんの同じ佐々木さんの訳(1962年)でかなりの違いがありました。重版すると変わってしまう事もあるんですね〜知らなかったです・・

そして初版は当然「旧仮名」で、さらに漢字が多かったのですが、今までは漢字が多いと結構手ごわいなって思っていましたが(特に以前「後光殺人事件」で大変な思いをしました。)、今回初版を読んでみて"漢字があることで理解が進む”っていう事を非常に実感しました。

でも確実に「青空文庫」さんの版の方が読みやすくていいです。

様々な専門家の方の解釈を楽しめるのが翻訳物の楽しみの一つですね。特にこの作品はかなりの方が訳されているので、まだまだ沢山あるようなので機会があったら読んでみたいです。

ところで気になったのは、冒頭部分の「キャサリン・ディ・マットスに」のくだりは他の訳には見当たりませんでした。

とにかくこの作品は、人間の心理をよくとらえているので非常に勉強になります。


posted by visualization at 05:18| Comment(0) | TrackBack(4) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

戯曲アルセーヌ・ルパン

論創海外ミステリ58
モーリス・ルブラン 小高美保 訳

今朗読中の「探偵小説アルセーヌ・ルパン」は
この「戯曲アルセーヌ・ルパン」の続きにあたります。

この本は舞台の上演台本ですが、なかなか良く出来た脚本ですよ。

本の中には、

「戯曲アルセーヌ・ルパン」
「アルセーヌ・ルパンの帰還」
「アルセーヌ・ルパンの冒険」

あと詳しい解説がかなり書かれています。

「戯曲アルセ〜」では名前がちょっと朗読とはちがって、

「ソーニャ・クリシュノフ」→「ソニア・クリチノーフ」
「ガニマール」→「ゲルシャール」

となっていて、後者の「ガニマール」については解説に、そのいきさつが詳しく書かれていました。

聴いて頂いている方のために、ほんとに少しだけ、あらすじを書いておきますね。
---------------------------------------------

本がまだ発売されてまもないので、非常に申し訳ないのですが・・

美術収集家の娘の侍女として三年前から使えてきた「ソニア・クリチノーフ」がいる。
そこへ現れたルパンと恋に落ちる。
実はルパン、この邸の「宝冠」( 朗読では「王冠」 )を盗む為、巧みな作戦を立て宝冠を盗むが・・

といった内容です。(相当かいつまみました)
------------------------------------------------


最後の方でゲルシャールとルパンの長いやり取りがあるのですが、とてもドキドキしますよ!ぜひ読んでいただきたいですね〜
わかってから、もう一度読んだら さらに面白い作品でした。

特にルパンの生い立ちや、現在の状況なんかが細かく書かれていて、なぜこのような事を繰り返しているかが良くわかります。

この次の「アルセーヌ・ルパンの帰還」は上演自体はしなかったようですが、その中に「モンテ・クリスト伯」風の人物が登場します。
こういった人物を登場させるなんて、ルパンは変装自在のモンテ・クリスト伯からヒントを受けているのでは?という事を、におわせているようでした。
考えてみると「エドモン・ダンテス」の人物像とも、なんとなく重なってきて悲しくなってきます・・

「アルセーヌ・ルパンの冒険」は
実際の舞台を観てみたいと思いましたね〜
装置がどうなっているのか、かなり複雑な作りの感じがします。

今回朗読することを決めたのでとりあえず「白鳥の首エディス」と「戯曲アルセーヌ・ルパン」はおさえておかなければ・・と思い読んでいましたが、今回も「後光殺人事件」に続き、かなりはまってしまいましたね〜
結局アルセーヌシリーズは全部読んでしまいそうですよ!

いつか上演の機会があったら、ぜひ参加してみたい作品です。


  「朗読アルセーヌ・ルパン

http://www.voiceblog.jp/kiyo22/

posted by visualization at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

「24人のビリー・ミリガン」

本「24人のビリー・ミリガン」 作=ダニエル・キイス

いまごろになって読み始めたんですが、これはすごい話ですね〜24人以上の人格を持つ男。しかもノンフィクション!恐ろしいですね。

現代の日本も精神的に病んでいる人が多そうなので、何時出没しても おかしくない世の中ですが・・

この本はかなり細かく描写されているので、つい「ビリー・ミリガン」の気持ちになって読んでしまうのがとても恐ろしいです。この人が犯罪者で無かったら同情できるのですが・・
posted by visualization at 01:22| Comment(9) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

今日は本を購入しました!

映画監督(故)伊丹万作さんのエッセイをもとに書かれた 佐藤忠男さんの < 伊丹万作「演技指導論草案」精読 > という本を購入しました。

「演技指導論草案」というエッセイはかなり有名なのですが、もともと役者より演出する側の為に書かれたものだと思いますが、やはり役者の視点から読めば、かなり考えさせられる作品じゃないかなと思い購入しました。

とても楽しみです。
posted by visualization at 18:11| Comment(2) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

東京大津波

ちょっと最近気になって本屋さんで購入したのですが、やっと今日読みました。

内容が現代のせいかそんなに時間もかけずに読んでしまいましたが、サブタイトルが「東海・南海連鎖地震、ついに発生す!」でまさにその通りで、すさまじい内容でした。

スマトラ地震からすぐに書いたらしく、かなりその出来事を意識した内容で、関東、東海阪神、四国地方に巨大大津波が襲うという筋なのですが、結構僕的にはひとごとじゃないなって思い地震対策や非難グッズをそろえようと真剣に考えました。

現実にはこの話よりもっと大変な事になるだろうな・・・たとえば海に近い工業地帯やコンビナートや発電所に津波なんかが来たら爆発する事もあるんじゃないかな。タンカーとかが衝突したり汐留やお台場のビルあたりに座礁したら・・・なんて怖いな・・専門的な知識は無いんだけどそうぞうしないほうがよさそうだ。本の中では地下鉄がかなりやばそうな事が書いてあった。

これ以上は書くと内容がわかってしまうのでやめておきます。読んでみては!

「東京大津波 東海・南海連鎖地震、ついに発生す!」柘植 久慶 著 

posted by visualization at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

オデュッセイア。

「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の「オデュッセイア」を読み終わりました。

本当にギリシャ神話は面白いですね〜

なんか読んでいると本当にあったんじゃないかと錯覚すらしてしまいます。まあどう考えてもありえないんですけどね・・・

でも現実に、ピンチの時にアテネ女神がいつも助けてくれるなんてうらやましい限りです・・・・でもあれだけの冒険をしていたら、そのくらいの事がないと おそらく生きていないでしょう。

しかしギリシャ神話で、神の加護を受けない人はいい迷惑ですよ。神々の都合で始めた戦争に巻き込まれて運が悪ければ死んで行くだけですから、その親族もたまったもんじゃありません!

トロイヤ戦争なんて王子パリスの駆け落ちがきっかけで始まったし、しかもそれも 元はといえばゼウスの「地上の人口が多くなり過ぎてしまった」って理由で戦争を差し向け、そのために女神たちの嫉妬心を利用して戦争を長引かせたりetc・・・まあこれを書き始めるときりが無いのでやめておきます。

それにしてもオデュッセウスの妻ペネロペイアという人は良く出来た人です。二十年も夫を待っていたなんて すごい人ですよ!まったく。

著者の「阿刀田 高」さんは本当に良く調べていらっしゃいますね〜。相当わかっていないと あれだけわかりやすく書けないし、解説にもありましたけれど、これこそプロの技ですね!

次は何を読もうかな・・・
posted by visualization at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

オデュッセウス。

ようやく「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の「オデュッセイア」の中盤に入りました。

それにしてもギリシャ神話は話をひっぱりますね〜

トロイア戦争で活躍したオデュッセウスはポセイドンの怒りに触れ、なんと帰国するのに十年もかかり、その十年目の四十一日間の中にそれまでの九年間の冒険が話の中に折り込まれているという壮大?な物語なのですが、まだまだいろいろな事が起こりそうで故国のイタキ島になかなかたどり着きそうにありません・・・
posted by visualization at 02:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ホメロス

昨日に続きギリシャ神話の話題ですが、今読んでいる「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)の前半、「イリアス」を読み終わりました。

読んでいるうちに、映画の「トロイ」(監督ウォルフガング・ペーターゼン)を思い出しました。

映画はホメロスの叙事詩とは 多少前後したり 神々のかかわりが無かったりしていますが、あの映画は良く出来ているなと今更のように思いました。

読んでいるうちになぜか頭の中で「アキレウス」が出てくるとブラッド・ピットのイメージになって、「パリス」が出てくるとオーランド・ブルーム、「プリアモス」はピーター・オトゥールになってしまうんです。今まであまり本を読んでもそんな事は無かったんですが、映画のインパクトが僕の中でかなり強かったんだなと思います。
posted by visualization at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ギリシャ神話。

僕は最近ギリシャ神話に凝っていまして、難解なギリシャ悲劇を読む前に、まず全体をおおまかにつかもうと思いまして、「ギリシャ神話を知っていますか」(阿刀田 高 著) をまず読みました。
なかなかわかりやすく、しかもとても面白くて一気に読み終わりました。かなり前に読んだ「オイディプス王」や「アンティゴネ」がとても難解だった事が嘘のようでした。

ずいぶん前に文学座の公演で「グリークス」を観た事があったのですが、もうだいぶ前なので話を忘れてしまっていましたが、この本を読んで 今度戯曲を読み直してみたいです。

ところで ひとつ分かったことは、ギリシャ神話って実は その部分的な話を読んだだけではわからないのは当たり前で、いろいろな前後のエピソードやそれまでの人間関係、その時代の常識的な考え方や神々と人間の関係がわかって初めて理解できるものなんだなと僕的に納得しました。

そして、その後「私のギリシャ神話」(阿刀田 高 著)も読み、今「ホメロスを楽しむために」(阿刀田 高 著)を読んでいます。これは、盲目の吟遊詩人ホメロスの世界をわかりやすく書いた本です。今はトロイア戦争のあたりです・・・面白い!
posted by visualization at 02:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

最近とっても読みたい本!

僕は最近、村上龍さんの「半島を出よ (上下)」
がとっても気になっています。

発売当初はありえない感じで気にとめていなかったのですが、最近のニュースなどで見ると現実に起こりそうな感じに思えてきて、とてもこの本の内容が気になってきました。

結構今後も映像化されそうなキャッチコピーなので、読んでみようと思います!!
posted by visualization at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 / 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする